疲労や運動不足から

こんにちは!
デスクワークが多い皆さん。腰痛になってしまうとつらいですよね。

筋肉の疲労や筋力低下によって、腰痛が起きてしまいます。

みなさんが抱えている腰の痛みはどちらに当てはまると思いますか?
長時間のデスクワークは筋育の疲労に当てはまります。

筋力低下は、運動不足や身体の固さ、肥満などが当てはまります。

そんな腰痛の予防についてお伝えします。

筋肉の疲労によって起こる腰痛の予防は、「ストレッチ」や「腰痛体操」などで筋肉をほぐしましょう!
腰痛体操とは、ベーラー体操ともいい、うつ伏せでゆっくり腰をそり、その状態をキープし、元に戻すのを繰り返して行う体操です。

筋肉の緊張がストレッチなどのすることによって、ほぐれるため疲労物質が溜まりにくくなり、筋肉疲労や張り感が解消されるのです。
また、一日の疲れをとるための、お風呂にゆっくり入ることも、いいといわれています。

筋力低下によって起こる腰痛の予防は、運動不足と肥満を解消しましょう!
ちょっとした空き時間などで身体を動かすようにしましょう。また、最寄り駅の一つ前で降りて歩くのもいいと思います。
肥満を解消と言ってもなかなか難しいですよね。ですが肥満になると、脂肪が血管を圧迫するため、血行が悪くなります。
ストレッチや体操などの運動を日ごろから取り入れていきましょう!

千代田区・神保町・御茶ノ水にある、神保町鍼灸整骨院では、腰痛の原因となるトリガーポイントの治療を行っています。
また、運動不足や肥満の改善をするためのEMSという電気もあるので一度ご相談ください!

神保町鍼灸整骨院

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-27渡辺ビル1F