交通事故を起こしてしまったら

今回は交通事故の中でも「加害者」について書いていきたいと思います。

不慮の事故で加害者になってしまい、体の痛みはあるが治療に行くのをためらってしまっている方はいませんか?

過失割合が10:0でなければ自賠責保険が適用できる可能性があります。

被害者でも加害者でも交通事故によって怪我を負ってしまった、という事実は変わりません。自賠責保険自体も、交通事故で怪我をしてしまった人、に対する保険なので被害者加害者は関係ありません。

ただし、過失割合が7割以上になると補償金が減額となってしまうのでご注意ください。

自賠責保険だけでなく、任意保険に加入している方はそちらを利用して窓口負担金を0円で受けていただける可能性もあるので一度相談することをお勧めします。

交通事故の痛みは、その場で痛みがなくても時間がたったのちに症状が出ることも多く、また、それが長引いてしまうケースも多いです。

加害者側になってしまい、被害者への補償などで気も張りつめてしまい自分のことは後回しになってしまいがちですが、交通事故によって怪我をしてしまったという事に変わりはありません。

なので、お体のことは私たちにご相談いただければ、今後の生活で支障が出ないように治療をさせていただければと思います!

交通事故で怪我をされてしまった方も数多くご来院されており、トリガーポイント治療という痛みの原因を改善していく治療や、むち打ちなど交通事故で発生しやすい怪我に対する関節の調整などを行い症状の早期改善に努めています!

お一人で悩まずにぜひ一度千代田区・神保町・御茶ノ水にある、神保町鍼灸整骨院にご相談ください!

神保町鍼灸整骨院

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-27渡辺ビル1F