肘の痛みには鍼治療

みなさんこんにちは。

本日は肘の痛みについてお話します。

肘が痛む場合において、関節自体の障害が原因であることはそれほど多くありません。肘の周りにはたくさんの筋がついていたり神経が通っていたりするため、それらが刺激されて肘に痛みが現れる場合のほうが多いです。

肘の関節は、曲げたり伸ばしたりするだけでなく、内側や外側に回すといった特殊な動きも行うため、複雑な構造をしています。そのため様々な原因で障害が起きやすいです。

お仕事の関係でゴルフを行う方が多いのではないのでしょうか?

テニスやゴルフを日常的にしている方は、肘に痛みが出やすいです。肘の外側に炎症が起きることを「上腕骨外側上顆炎」といい、テニス肘と呼ばれています。
また、肘の内側に炎症が起きることは、「上腕骨内側上顆炎」といい、別名をゴルフ肘といいます。

長時間のパソコンの使用や家事などによる肘の使いすぎでも起こることが多いです。
手首や指を伸ばすときに使う筋肉と上腕骨との接続部に起こる慢性的な炎症です。肘関節の酷使によって起こる筋肉と腱の変性に加齢が重なることで発症しやすくなります。

千代田区・神保町・御茶ノ水にある、神保町鍼灸整骨院では、そんなゴルフ肘に効く針の治療も行っております。

神保町鍼灸整骨院

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-27渡辺ビル1F