お仕事の際の交通手段は?

みなさんこんにちは!

仕事での事故について
通勤や仕事中の交通事故ばら労災保険!
労災保険を使った方が有利な場合は、会社に遠慮せずにしっかりと権利を主張するべきです。
労災保険を使った方が有利な補償が受けられる場合もあります。
労災保険は従業員1人でも使用している事務所は加入する義務がるものです。
労働基準方による労働者であれば、アルバイト、パート、日雇い労働者でも
適用され、基本的に労災保険の請求手続きは被害者が勤務する会社と保険会社で話が進められるので、従業員が手続きを行う必要がありません。

自分の過失割合が大きい場合
過失割合などで相手と揉めている場合
事故相手の自動車の所有者運行供用責任を認めない場合
行供用責任を認めない場合
相手が無保険、あるいは自賠責保険のみに加入している場合
これらに当てはまる方は労災保険を使ったほうがいいです。
このように仕事中での事故でお困りの方は
治療を含め当院にご相談して頂ければと思います!
施術では1人1人の症状に合わし、事故当初のことも
聞きながら施術をさせていただいております。

千代田区・神保町・御茶ノ水にある、神保町鍼灸整骨院では交通事故に強い弁護士の先生を紹介しています。

神保町鍼灸整骨院

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-27渡辺ビル1F