スマホは好きですか?

スマホ首とは、スマートフォンを使用しているときの首の形をいいます。頭を下に傾けて首を屈曲している状態です。
この姿勢を長期間反復的に行われることによって、頭部前方偏位が起こり、首の痛みをはじめとし様々な症状が体に起こってきます。

反復性ストレス障害とは、繰り返し同じ動作を行うことによって起こる障害のことで、この場合は一連のスマホ操作のことです。
通常の姿勢では、耳の下に肩がきます。しかし、スマホ操作を行っているときの頭を前に倒し見下ろす不自然な姿勢では首に大きな負担をあたえ、肩こりや首の痛み、慢性頭痛などのいろいろな症状を引き起こす原因になります。

ストレートネックは首がまっすぐであるという状態を示した言葉です。なので原因はスマホに限りません。逆に、スマホ首はスマホをしているときの首の形なので、ストレートネックになっているかは問いません。ストレートネックでないスマホ首の方もたくさんいます。首が前にとび出ていればストレートネックと思っている方がたまにいます。また、雑誌やテレビなどでも報道することがありますが、それは間違えです。
症状
スマホやタブレットなどを見下ろしている姿勢は、首の筋肉に大きな負担を与えます。頚椎・神経・椎間板を圧迫するので首肩を中心とした症状がおこります。また、背中はお尻よりも後ろにさがり、巻き肩、猫背になるので、胸(食道や呼吸器)や胃を圧迫し、いっけん首とは関係のないさまざまな不調や失調症をおこします。
肩こり・首の痛み
椎間板症(椎間板性疼痛)、頚椎症、手のしびれ
慢性頭痛
めまい、吐き気
自律神経失調症
うつ、やる気が出ない
胸焼け、逆流性食道炎
息苦しさ
など。
症状が進行すると、頚椎症性神経根症までなることがあり、そうなると、首から腕にかけてのしびれや激痛を引き起こすようになります。

千代田区・神保町・御茶ノ水にある、神保町鍼灸整骨院で首の症状を出さないようにしませんか?

神保町鍼灸整骨院

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-27渡辺ビル1F