腰痛の原因は5つ!!

腰痛で悩んでいる方は多いはずです。
厚生労働省が実施した国民生活基礎調査(2013年)によれば、日本人の自覚症状の第一位は「腰痛」なのだそうで、人口の約9%が腰痛症状を持っているそうです。
腰痛・肩こりは普段の生活の中で起こることが多く、腰痛は一度なると治りにくく、逆に悪くなるケースが多いようです。
悪化させないためにも、日常生活でのケアを早めに行なうことが重要です。
但し、我慢ができないほど強い痛みがあったりなど違和感があった場合はすぐ病院で診てもらうことをおすすめします。
腰痛とはいっても、原因によって治療法や予防法は違います。
それは、腰痛には異なる五つの原因があるからなのです。
腰痛の5つの原因は、「筋肉」「骨格」「血行」「筋膜」「ストレス」です。
今回は、原因が「筋肉」にあるということでお話していきます。

筋肉が原因の腰痛には、筋肉疲労による腰痛と筋力低下による腰痛の2種類があります。
筋肉疲労による腰痛の原因

長時間のスポーツによる筋肉疲労
デスクワークや車の運転など同じ姿勢をとり続けることによる筋肉疲労。筋肉に乳酸などがたまり、筋肉がこわばり、ハリがでてきます。
ストレス
寝不足
足に合わない靴(常に筋肉が緊張した状態になるため、疲労が溜まりやすい。)

筋力低下による腰痛の原因
運動不足による筋力低下(背筋より腹筋が弱いと腰痛になりやすい傾向がある。)
体が硬い(体が硬いと身体を動かすときに筋肉への負担が大きい)
肥満

予防
・筋肉疲労による腰痛の予防
・筋肉疲労による腰痛の場合は、ストレッチ、腰痛体操などで筋肉をよくほぐしましょう。
・筋肉の緊張がほぐれると疲労物質がたまりにくくなり、筋肉疲労やハリが解消されます。
・ゆっくりお風呂に入って疲れを解消して腰痛を予防しましょう。

どうしても取れない頑固な痛みには、千代田区・神保町・御茶ノ水にある、神保町鍼灸整骨院まで!

神保町鍼灸整骨院

〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-27渡辺ビル1F